世界スマホシェアトップ4はセルフィーエクスパート

世界スマホシェアトップ4はセルフィーエクスパート

「セルフィーエクスパート」、そしてカメラの分野では業界のトップを行くとも言われている「Oppo」は、
世界のスマートフォンシェアでも第4位にランクインしているメーカーで、特に若者から熱い支持を受けています。
Oppoは現在、新興国市場を中心に31カ国に進出。2018年には日本のSIMフリースマホ市場に進出しました。
 
この10年、Oppoは、自社の持つセルフィーテクノロジーの発展のため、力を注いできました。
A.I.を導入したビューティーテクノロジーを実装するなど、セルフィー用スマートフォンの世界を、常にリードする製品を世に送り出しています。
 
2012年12月に発表されたOppo初のセルフィーフォンでは、5MPフロントカメラと美修正機能「Ulike 2」が人気を集めました。
 
2014年10月に発表されたOppo N3は、世界初、オートマチックでカメラがローテートする機構を採用しました。
 
2016年9月にはOppo R9sとR9s Plusが発表されましたが、この両機にはSonyと共同で開発したIMX398センサーが搭載されました。
これにより、光量の少ない場所での撮影品質が飛躍的に向上しました。
 
2017年に入っても、Oppoの技術は進化を続けます。
 
2017年2月には、スマートフォンにおける、5倍デュアルカメラズームテクノロジーを発表しました。
 
さらに2017年6月にはOppo R11を発表。
Qualcomm Snapdragon 660と最新鋭のイメージプロセッサーを搭載することにより、フォーカススピードの向上と、より鮮やかな色合い、
そして光量の少ない場所における撮影能力向上に威力を発揮する組み合わせとなりました。

中国・スマホ購入

中国・スマホ購入

oppo(オッポ)スマホ購入・日本

vivoスマホ購入・日本

日本でも使えるガラケー

Simを日本で購入

meizu スマホ

cat スマホ

海外 honor 購入

xiaomi(スマホ・タブレット)